共同配送

物流システム「改善事例」をご紹介!

CASE1
熊本県内の配送システム改善

工業製品加工業(K 社)

改善・指導内容 改善・指導内容
  • 自社車両6台、運送会社6台での輸送を全てアウトソーシング
  • 物流の業務領域の拡大
  • トータル物流コストの削減
  • 工場内作業員の削減
  • 共同配送システムの構築
CASE2
共同配送システムの構築

製造業(半導体製造装置)T社

改善・指導内容 改善・指導内容
  • 組立協力企業間の共同物流化
  • 物流オーダーの電子化
  • 車両装備の標準化
  • 物流コストの大幅な削減
  • 工場出入車両削減による待時間渋滞緩和
  • 調達物流の社内内製化
  • 作業工数の削減
ご相談・お問い合わせ
CASE3
調達物流の内製化

化学製品商社

改善・指導内容 改善・指導内容
  • 商品管理物流トータルサービス
  • 仕入れ企業のルート化による物流コスト削減
  • トータル物流のコスト削減
  • 調達物流と納品物流の組み合わせによるコスト削減
CASE4
熊本県内の小口配送サービス

食品、一般雑貨企業

改善・指導内容 改善・指導内容
  • チャーター配送料を個別料金化
  • 自社輸送を共同配送化
  • 配送単位が明確化
  • 配送のアウトソーシング化によるコスト削減